演武会とは

過去の演武
 演武会は、私たち武道部の日々の稽古の成果を発表する場であり、また武道の魅力を広く一般の方に知ってもらうための場です。平成17年から始まり、それから年に一度開催してきました。

 演武会では私たちが稽古している剛柔流空手の基本、型、約束組手そして古武道具を用いた演武を披露いたします。さらに毎年、招待演武として剣道、居合道、合気道などの先生方をお招きして演武を披露していただきます。他にも、顧問の中森康之による解説演武やプロジェクションマッピングを用いた寸劇など、毎年工夫を凝らした演目を用意しています。

 武道部員たちは演武会で最高の演武ができることを一つの目標にして日々の稽古に励みます。空手の稽古はもちろん、演武会の企画・運営も全力です。一人一人が役割と責任を持って取り組み、部員全員が一丸となって演武会を作り上げていきます。演武会は、人として成長していくための修行の一環でもあるのです。

 本番では、私たちが培ってきた“心・技・体”をお見せいたします。どうぞ、武道の素晴らしさをその肌で感じてください。